2012年08月06日

ゾンビサバイバル Side:聖光

●戦いの始まり
大量のゾンビによって荒廃した世界。
仲間たちは散り散りになり、俺も単独行動となった。
仲間たちの安否も気になるところではあるが、今は自分の身を守ることが最優先だ。
死んだら元も子もない。
いつまでもここでじっとしているわけにもいかない。
ふーっと溜息を吐いて、物陰から飛び出した。

●1日目
が、それを待っていたかのように、ゾンビが襲い掛かってきた。
それをなんとか倒し、辺りを見回す。
もういないようだ。
ふと視界に赤いものが入る。
ちらりと見れば、自らの腕からかすかに出血していた。
たいしたことはないと、適当に拭って歩き出した。
[HP:94/食料:100//同行者・アイテム:なし]

●2日目
しばらく歩いていると、男がゾンビと睨み合っていた。
「奴らに目にもの見せてやる!」
男がそう言ってゾンビに突っ込んだが、すぐに弾切れし、噛まれた。
さらに、ゾンビ化した男がこっちに向かってくる。
迷惑な話だ。
適当に倒しておいた。
[HP:87/食料:98//同行者・アイテム:なし]

●3日目
廃材の山に塞がれた通路を見つけた。
奥に、人がいる。
下を向いているため顔は見えない。
物陰から様子を見ていると、視線を感じたのか、辺りを見回した。
よく知る人物だった。
「ガン……?」
「聖光、生きてたか」
ガンのところまで歩いていくと、ガンの足元に何かがあることに気付いた。
妙な携帯端末だった。
が、見たことのないその物体を、どうすることもできず。
放置して行くことにした。
[HP:87/食料:94//同行者・アイテム:なし//フォロワー:ガノート]

●4日目
ガンが入っていったホテルの隣の建物に人影が見えた。
警戒しながら扉をノックすると、ドアが開いた。
「うっ……」
思わず口を塞いだ。
ゾンビのような腐臭ではなく、いろいろな食べ物のにおいが混ざり、異臭となっていた。
「アンタ、冒険者さんだな? オイラ、ここの研究員なんだな。と言っても、みんなゾンビにやられっちまって、オイラしか残ってねぇんだがな。アンタ、よかったら連れてってほしいんだな。1人分しかないけど、ゾンビ化の治療ができるんだな」
太った研究員の申し出に、食糧は1つしか与えないことを条件に、同行を許可した。
[HP:87/食料:93//同行者・アイテム:太った研究者(1度だけゾンビ化を治療、同行中毎日食糧-1)//フォロワー:ガノート]

●5日目
ひどい雨の中、ゾンビに追われ、逃げていた。
しつこく追ってくるゾンビから逃げ切り、ガンと合流するために集合場所とした空き家へ戻る。
研究員が先に行って待っているはずだ。
体が重い。
風邪を引いたようだ。
こんなときに……。
[HP:82/食料:90//同行者・アイテム:太った研究者(1度だけゾンビ化を治療、同行中毎日食糧-1)//フォロワー:ガノート]
6日目終了までHP回復不可

●6日目
「あそこに行けば助かるんだ。頼む、ワシを連れ……」
偶然見つけた老人は、そう言い残して力尽きた。
老人の手からカードキーを取り、ポケットにしまった。
[HP:82/食料:86//同行者・アイテム:太った研究者(1度だけゾンビ化を治療、同行中毎日食糧-1)//フォロワー:ガノート]
HP回復不可解除
クリアフラグA(カードキー)

●7日目
ゾンビを恐れるあまり、立て籠もって食糧を独り占めする男がいると相談を受けた。
説得を試みたが、銃で撃たれた。
応じる気はないようだ。
[HP:75/食料:85//同行者・アイテム:太った研究者(1度だけゾンビ化を治療、同行中毎日食糧-1)//フォロワー:ガノート]
クリアフラグA(カードキー)

●8日目
あれは……ヘリポート、か?
近くへ移動し、確認してみる。
入り口は閉まっている。
カードキーで開くタイプのようだ。
ポケットからキーを取り出し、スライドしてみた。
カギが、開いた。
いつか使うだろうから、場所を覚えておこう。
[HP:75/食料:84//同行者・アイテム:太った研究者(1度だけゾンビ化を治療、同行中毎日食糧-1)//フォロワー:ガノート]
クリアフラグA(カードキー)
ヘリポートの場所を記憶(クリアフラグA・Bが揃い次第脱出可能)

●9日目
日の出の時間に目が覚め、散歩がてら周囲を探索した。
瓦礫のかげから食糧を発見した。
昼頃には近くのカラオケボックスを探索した。
ある部屋のドアを、警戒しながらゆっくりと開ける。
と、ソファーにじっと座りTV画面を見ているゾンビがいた。
こちらに気付いていないようなので、見なかったことにして静かにドアを閉めた。
[HP:75/食料:84//同行者・アイテム:太った研究者(1度だけゾンビ化を治療、同行中毎日食糧-1)//フォロワー:ガノート]
クリアフラグA(カードキー)
ヘリポートの場所を記憶(クリアフラグA・Bが揃い次第脱出可能)

●10日目
効果があるものなのか、わからないが、周辺にバリケードを築いてみた。
しばらく様子を見るとしよう。
[HP:75/食料:80//同行者・アイテム:太った研究者(1度だけゾンビ化を治療、同行中毎日食糧-1)//フォロワー:ガノート]
クリアフラグA(カードキー)
ヘリポートの場所を記憶(クリアフラグA・Bが揃い次第脱出可能)
11日目ダメージ無効

●11日目
「キミ、ちょっといいかい」
神父らしき男がバリケードを越えてきた。
じっと俺の目を見て、納得したようにひとりで頷いている。
「うん、いい目をしているね。キミについていくことにしよう。私は"烏山"光平という。私の兄も、どこか遠くの地で神父をしていたのだよ。そこで託されたという、子供を遺して死んでしまったがね」
[HP:75/食料:79//同行者・アイテム:太った研究者(1度だけゾンビ化を治療、同行中毎日食糧-1)/カンフーの達人な神父〔コウヘイ〕(戦闘時被ダメ無効@3回、同行中毎日食糧-1)//フォロワー:ガノート]
クリアフラグA(カードキー)
ヘリポートの場所を記憶(クリアフラグA・Bが揃い次第脱出可能)

●12日目
花屋を捜索中、腕に何かが絡みついた。
ゾンビ化した植物のツタだった。
ゾンビが動物だけじゃないとは、厄介な世界だ。
「お、早速私の出番かい?」
コウヘイは言うが、この程度なら俺1人で十分だ。
[HP:71/食料:75//同行者・アイテム:太った研究者(1度だけゾンビ化を治療、同行中毎日食糧-1)/カンフーの達人な神父〔コウヘイ〕(戦闘時被ダメ無効@3回、同行中毎日食糧-1)//フォロワー:ガノート]
クリアフラグA(カードキー)
ヘリポートの場所を記憶(クリアフラグA・Bが揃い次第脱出可能)

●13日目
「うっわぁああ」
近くで声が聞こえた。
見ると、男がゾンビに襲われていた。
ゾンビはアッサリと片付いたが、男が俺に襲い掛かってきた。
「食糧を、よこせ!」
「恩を仇で返すとは……!」
コウヘイが応戦しようと前に出たが、俺はそれを制した。
「持ってけ」
「……!」
男に食糧をいくつか渡してやると、そのまま逃げるように走り去って行った。
「よかったのか?」
「あぁ、アレでも貴重な生存者だ。さ、帰ろうか」
[HP:71/食料:63//同行者・アイテム:太った研究者(1度だけゾンビ化を治療、同行中毎日食糧-1)/カンフーの達人な神父〔コウヘイ〕(戦闘時被ダメ無効@3回、同行中毎日食糧-1)//フォロワー:ガノート]
クリアフラグA(カードキー)
ヘリポートの場所を記憶(クリアフラグA・Bが揃い次第脱出可能)

●14日目
ガンとは別行動をしていたが、別ルートで同じ場所へたどり着いたらしい。
ゾンビの残骸の山で煙草をふかす重武装の軍人と、会話をしていた。
「ん? お前は……」
どういうわけか、軍人が突然襲い掛かってきた。
「おっと」
対応の遅れた俺の前に、コウヘイが立っていた。
軍人はコウヘイのカンフーで、あっという間に倒れた。
[HP:71/食料:59//同行者・アイテム:太った研究者(1度だけゾンビ化を治療、同行中毎日食糧-1)/カンフーの達人な神父〔コウヘイ〕(戦闘時被ダメ無効@2回、同行中毎日食糧-1)//フォロワー:ガノート]
クリアフラグA(カードキー)
ヘリポートの場所を記憶(クリアフラグA・Bが揃い次第脱出可能)

●15日目
安全そうなホテルで休んだ。
[HP:76/食料:54//同行者・アイテム:太った研究者(1度だけゾンビ化を治療、同行中毎日食糧-1)/カンフーの達人な神父〔コウヘイ〕(戦闘時被ダメ無効@2回、同行中毎日食糧-1)//フォロワー:ガノート]
クリアフラグA(カードキー)
ヘリポートの場所を記憶(クリアフラグA・Bが揃い次第脱出可能)

●16日目
汚染されていない綺麗な川を発見し、休憩することにした。
静かで気持ちいい。
[HP:78/食料:52//同行者・アイテム:太った研究者(1度だけゾンビ化を治療、同行中毎日食糧-1)/カンフーの達人な神父〔コウヘイ〕(戦闘時被ダメ無効@2回、同行中毎日食糧-1)//フォロワー:ガノート]
クリアフラグA(カードキー)
ヘリポートの場所を記憶(クリアフラグA・Bが揃い次第脱出可能)

●17日目
一人では心細いという男に会った。
1日付き合ってやったところで今後も心細いことには変わらないだろう。
「少々食費はかかるが、彼を連れて行くといい」
太った研究者を彼のお供につけることにした。
「おぉ、ありがとう! お礼にこれ、あげるよ。さぁ行こうか、研究者くん」
[HP:78/食料:51//同行者・アイテム:治療薬(1度だけゾンビ化を治療)/カンフーの達人な神父〔コウヘイ〕(戦闘時被ダメ無効@2回、同行中毎日食糧-1)//フォロワー:ガノート]
クリアフラグA(カードキー)
ヘリポートの場所を記憶(クリアフラグA・Bが揃い次第脱出可能)

●18日目
ビルの内部でゾンビの集団と遭遇!
全部を相手にするのはつらい。
最低限倒しながら階段を目指す。
「聖光!」
ガン……?
近くにいたのだろうか。
ともあれ助かった。
2人で道を開く。
[HP:73/食料:48//同行者・アイテム:治療薬(1度だけゾンビ化を治療)/カンフーの達人な神父〔コウヘイ〕(戦闘時被ダメ無効@2回、同行中毎日食糧-1)//フォロワー:ガノート]
クリアフラグA(カードキー)
ヘリポートの場所を記憶(クリアフラグA・Bが揃い次第脱出可能)

●19日目
いまにも崩れそうな場所に食料庫があった。
一人では少ししか持ち出せないか。
ガンを連れてこよう。
一旦その場を離れ、ガンを探すことにした。
ゲーセンから戦闘音。
入るとガンが戦っていた。
加勢し、倒す。
その後、ガンを連れて食糧庫から食糧をいくらか運び出した。
[HP:73/食料:49//同行者・アイテム:治療薬(1度だけゾンビ化を治療)/カンフーの達人な神父〔コウヘイ〕(戦闘時被ダメ無効@2回、同行中毎日食糧-1)//フォロワー:ガノート]
クリアフラグA(カードキー)
ヘリポートの場所を記憶(クリアフラグA・Bが揃い次第脱出可能)

●20日目
無人の納屋を探索した。
火炎瓶程度なら作れるかと思ったが、材料が足りない。
「聖光!」
ガンが珍しく慌てた様子で俺を探していた。
男がガンをゾンビの大群から逃がしたと。
現場へ急いだが、男の姿はなかった。
[HP:73/食料:46//同行者・アイテム:治療薬(1度だけゾンビ化を治療)/カンフーの達人な神父〔コウヘイ〕(戦闘時被ダメ無効@2回、同行中毎日食糧-1)//フォロワー:ガノート]
クリアフラグA(カードキー)
ヘリポートの場所を記憶(クリアフラグA・Bが揃い次第脱出可能)

●21日目
瓦礫の上で朝食をとった。
短時間で効率的に休めた。
その後は廃棄されたコンビニを探索。
収穫はなく出ようとするが、外が暗い。
窓にべったりとゾンビたちが密着していた。
「この数はつらいだろう。俺も戦おう」
「……あぁ、頼む」
窓の一部を破壊し、外に出る。
コウヘイと背中合わせで構え、群がってくるゾンビたちを受け流し、少しずつ建物から離れる。
「……行くぞ」
「おうっ」
右の拳で左の掌を打つと同時に、一気に走る。
なんとかゾンビを撒いて、拠点へ戻る。
ガンと見慣れない女がいた。
怪しい女を警戒しつつ、眠りについた。
ふと、目を覚ますと女がいない。
荷物を見ると、食糧がいくらかなくなっていた。
ガンに伝え、足跡を追うと、ゾンビの群れに辿りついた。
ゾンビはおれたちを見て逃げたが、そこには"彼女だったモノ"が残されていた。
「遅かったか……」
[HP:77/食料:42//同行者・アイテム:治療薬(1度だけゾンビ化を治療)/カンフーの達人な神父〔コウヘイ〕(戦闘時被ダメ無効@1回、同行中毎日食糧-1)//フォロワー:ガノート]
クリアフラグA(カードキー)
ヘリポートの場所を記憶(クリアフラグA・Bが揃い次第脱出可能)

●22日目
レストランを捜索。
調理キットを見つけたが、荷物が重い。
「……治療薬をガンに預けるか」
[HP:76/食料:40//同行者・アイテム:調理キット(休息:消費食糧-1)/カンフーの達人な神父〔コウヘイ〕(戦闘時被ダメ無効@1回、同行中毎日食糧-1)//フォロワー:ガノート]
クリアフラグA(カードキー)
ヘリポートの場所を記憶(クリアフラグA・Bが揃い次第脱出可能)
posted by ばるく at 15:32| Comment(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。